1. ホーム
  2. >
  3. ボランティアセンタートップ
  4. >
  5. ボランティアセンター(ボラセンとは?)

ボラセンとは?

ボランティアの5つの基本

    ボランティアの語源は、「自ら意思をもって行動する」、 または「喜んで何かをする」という意味に由来します。 人に押しつけられて行うのではなく、自ら進んで行う(自主的)ことがボランティアの基本と言えます。 ボランティア活動の特性については、以下の5つにまとめることができます。

  • 1.自発性・自主性
  • 他人から強制されたり義務としてではなく、自分の自由意思で行う。

  • 2. 社会性・連帯性
  • お互いを尊重し合い、支え合って、誰もがいきいきと豊かに暮らしていけるように生活や社会を創る。

  • 3.無償性・無給性
  • お金では得られない出会いや発見、やりがい、感動、成し遂げた充実感が報酬。

  • 4. 創造性・先駆性
  • 今、何が必要とされているかを考えながら、よりよい社会をみんなの手で創る活動。

  • 5. 独自性
  • 自分でできることを活かして行う活動。

     

  • ボランティア活動で大切なこと
  • 身近なことから始めましょう

    無理をしないようにしましょう

    約束と秘密は必ず守りましょう

    相手に合わせて活動しましょう

    多くの人と協力して活動しましょう

    家族や先生と相談しながら活動しましょう

    安全に注意し、事故やケガのないようにしましょう

    善意の押しつけにならないよう「させていただく」と謙虚な心で活動しましょう

    活動を記録し、常に勉強しましょう

    あいさつをしましょう

     

  • こんなボランティアは嫌われる・・・   ※参考にしてください
  • <責任逃れボラ>

    ボランティアだからしょうがないと責任逃れをする

    <あわれみボラ>

    相手がみじめになるのも構わずに哀れみをかける

    <しぶしぶボラ>

    「やってあげているんだ」と愚痴を言いながら活動

    <悪口ボラ>

    活動中に対象の方の悪口を言う

    <善意押し付けボラ>

    相手が嫌がるのも構わずに善意を押し付ける

    <お客様ボラ>

    お客様気分で依頼主に接待(お茶出し等)をさせる

     

    ボランティア活動は身近なところにたくさんあります。 例えば、あいさつをする、地域での清掃活動、使用済み切手・ベルマークの収集、点字ブロックの上に自転車をとめない、車いすの人に会ったら手伝うなど・・・ きっとあなたにもできるはず。

ボラ市民活動推進計画 各パンフレット情報 スタッフブログ ボランティア相談員ブログ 社協からのお知らせ ボランティアセンター ほっとプラザ 地域福祉サービスセンター 介護関係・障がい関係 地域包括支援センター 共同募金委員会