活動レポート

★視覚障がい者ガイドヘルプ養成講座を開催しました!

9月8日・15日(火)視覚障がい者ガイドヘルプボランティア養成講座を開催しました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため各種事業中止になっておりましたが、8月末には市内の感染状況の広がりが減少したことから、今年度初となる「視覚障がい者ガイドヘルプボランティア養成講座」を2日間開催しました。
1日目は視覚障がいリハビリテーションワーカーの山本先生をお招きし、視覚障がいについてやガイドヘルプの方法について講義を受けました。実際にアイマスクをつけて見えないなかで歩く体験と、アイマスクをつけ見えない人をガイドする体験を二人一組になって行い、みなさん緊張しながらしあわせ村内を歩きました。
2日目は、前回のおさらいをした後、アイマスクをつけて聚楽園公園内を歩きました。周りや足元の様子を伝えながら、時にはおしゃべりをしながら楽しい時間を過ごしました。外から戻った後は、視覚障がいをもった方々と一緒に交流会を行い、参加者が実際に体験して感じた疑問を聞いたりしました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のために「三密(密集・密接・密閉)を回避」と言われますが、視覚障がい者ガイドヘルプはどうしても「密接」になり、避けることはできません。それでも支援が必要な方はいます。基本のマスク・手指消毒は徹底しながら、活動をしていければと思います。

受講の様子   体験の様子

 

  

ボラ市民活動推進計画 各パンフレット情報 スタッフブログ ボランティア相談員ブログ 社協からのお知らせ ボランティアセンター ほっとプラザ 地域福祉サービスセンター 介護関係・障がい関係 地域包括支援センター 共同募金委員会